パスタを簡単に失敗なく美味しくする方法!(カルボナーラの作り方)

Pocket

出典:https://pixabay.com/

 

手軽に短時間で作ることができるパスタは、休日のお昼ごはんなどで便利ですよね。

私は普段はダイエットフォローをしている身なので最近はいっぱい作りませんが、1番得意なのがパスタ料理です。

私自身がイタリアンが好きなので、お店で食べては再現をするのにハマった時期があります。

1人暮らしの時はたくさん作りました。(面倒くさがりなんでw)

 

その中で、お家でも簡単に美味しくできるパスタとして、基本のカルボナーラを私流にしたものをご紹介します。

たむ流簡単で美味しくパスタ料理

失敗しないカルボナーラの作り方

2つについて書いていきます。

 

少し意外な方法を使って、美味しくしてしまいます。茹で方にポイントがあります。

絶対失敗しないので、参考にしていただけたら嬉しいです♪

 

 

たむ流簡単で美味しくパスタ料理

出典:たむ

 

写真は、以前作った『ボロネーゼ』です。

パスタは、少しの食材があればできるので、冷蔵庫の残り物整理にも抜群に力を発揮してくれますよね♪(優秀)

パスタ料理を作る時に、私がしていることで、少しだけ通常の作り方を逸脱することがあります。

それが、茹で方です。

 

通常は、たくさんのを多めに入れて、沸騰したらパスタを入れます。

私は、たくさんの水にコンソメ顆粒を多めに入れて、沸騰したら半分に折ったパスタを入れます。

 

私のヘンテコな部分は、2つです。

①塩ではなく、コンソメを入れるところ。

②パスタを折って入れてしまうところ。

 

面倒くさがりの性格も反映されていますが、一応理由はあります。

①の理由は、コンソメを入れると、塩分も入っているので塩の代わりを果たす上に、パスタの麺に程よい味付けをしてくれるからです。

パスタソースの方を薄い味付けにしても味がすぐ決まるので、塩分を少なく済ませることができます。

これだけで、お店の味の雰囲気を醸し出すことができます。

 

②の理由は、そもそもパスタ専用のお鍋は家にないことの方が多いので、パスタを半分に折れば効率よく茹でられるからです。

小さい鍋でも美味しくパスタを茹でたいです。

レンチン用のパスタを茹でるための容器も販売されていますが、結構パスタがくっついてしまいます。

 

パスタを半分に折って小さいお鍋に入れると、パスタがあまりくっつきません。

徐々にお湯に入ってしまい、硬い部分が残ることも少なくなるので、

1人暮らしをしている人にはなおさらオススメの茹で方です!

 

あとは、軽く味付けした野菜とお肉と一緒に混ぜると簡単に美味しくパスタを作ることができます♪

 

失敗しないカルボナーラの作り方

出典:たむ

 

写真は、最近作った『カルボナーラ』です。

生クリームがクリスマスの売れ残りが安くなっています。

余っている人もいるかもしれません。

買い時なのは間違いないですよね。(バレンタインデー後も同じ現象が起きます。)

 

ここでは、私流のカルボナーラの作り方をご紹介します♪

とある日のものを思い出して書きますが、具材などはなんでもいいです。もちろん。。

 

【材料】2人分

・スパゲッティーの麺:2人分

・玉ねぎ:1/2個

・プチトマト:3個

・ベーコン:4枚

・コンソメ顆粒:大さじ1

・オリーブオイル:大さじ2くらい

・生クリーム:100cc

・にんにくチューブ:2cmくらい

・とろけるチーズ:2枚(お好み)

・卵黄:1個

・塩コショウ:適量

 

【作り方】

①お鍋に水をたっぷりいれて、コンソメを入れて沸騰させ、パスタを半分に折って入れます。

 たまにかき混ぜてあげます。

②フライパンにオリーブオイルと具材、にんにくを入れて炒めます。(中火)

③しんなりしたら、塩コショウをして、茹で上がったパスタを入れます。(弱火)

④生クリームとチーズを入れて、ソースが絡まったら火を止めます!!

⑤卵黄を入れたら速攻かき混ぜます。軽く味見をして塩コショウ調整。

⑥盛り付けたら完成です。

 

カルボナーラは火加減だけ気をつければ上手にいきます。

パスタ自体にほんのりコンソメの風味が付いているので、塩コショウはあまり振らなくても味が決まります。


 

まとめ

 

ここまで、簡単に美味しくパスタを作る私なりの技をご紹介しました。

プロではないですが、家で作る分には、失敗なく美味しくできます♪

『お昼どうしようかなぁ〜?』という休日、『外に出るの面倒くさいなぁ〜。』という休日に作ってみてはいかがでしょうか。

 

私は、休日冷蔵庫になのもない時や、買い物に行く気が起きない時は、パスタを作ります。

10分あればできるので、たむおさんがシャワーや身支度している間に出来上がります。

簡単なのに、ちょっと豪華に見えるところもありがたいですよね。

 

参考にしていただけたら嬉しいです♪

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!