【やってよかった!】アルバイトおすすめ3選

2019年1月14日

Pocket

出典:https://pixabay.com/

 

学生の時は、いくつかのアルバイトをしました。

アルバイトにハマりすぎて、勉強ではなく、バイトをしている時間の方が長かったです。

いい大人になって、今になって、『このバイトしてよかったなぁ〜。』と思うものがあります。

さらに、『こういうバイトもしておけばよかったなぁ〜。』というものもあります。

 

ここでは、オススメするバイトの種類をご紹介するために、

①居酒屋

②カフェ

③キッチン

3つのバイトについて書いていきます。

 

私の個人的な意見と実体験、周りの人たちの様子などを含めて書いていきますので、1つの参考程度に読んでいただけたら嬉しいです♪

 


①居酒屋

出典:https://pixabay.com/

 

1つ目のやってよかったアルバイトは、『居酒屋』です。

大学2年の途中から、卒業間際まで働きました。(2年くらい)

居酒屋にもいろんなお店がありますが、レベルの高いところというか、料金設定が高めの居酒屋がオススメです!

 

私は、九州料理の高め金額設定のTVの取材がくるような居酒屋で働きました。

ここで得たことは、お酒の知識とコミュニケーション能力です。

特に「芋焼酎」と「日本酒」はすごくカッコイイ男の先輩のおかげもあって、相当詳しくなりましたw

1瓶1瓶の豆知識を仕込まれたおかげで、お酒を薦めるのが上手になり、ちょっと詳しいおじさんと豆知識対決をしてお酒をセレクトするというのをしていました。

 

バイトの先輩や後輩とお酒の勉強がてら呑みにいくのも楽しかったし、歳が相当上の人との会話も勉強になりました。

接客業は、人との関わり方を勉強するということならいいことしかありません。(大変だけど。)

 

今は、いいおばさんになりかけていて、周りの友達もいいお酒を呑む歳になってきました。(一応20代だけどw)

そんな時に、通に成長した幼馴染なんかに美味しい飲み方なんかを話すと大変喜ばれます。

安いお酒をガブ飲みじゃなくて、高めのお酒をちょろっとと歳を取った時に、

『あぁ。学生の時、必死になってお酒の勉強をしてよかったのかもなぁ〜。』と思えます。

 

もちろん、両親や上司の会話にも使えるので、その点も便利です♪

 

②カフェ

出典:https://pixabay.com/

 

やってよかったと思うバイトの2つ目は、『カフェ』です。

大学1年生〜大学2年生まで働きました。(2年くらい)

東京のど真ん中で、600円のコーヒーをドリップしたり、軽食を作ったり、外国の方に片言の英語で接客したりしました。

 

初めてバイトにハマって、ハロウィンやクリスマス、年越しもバイト仲間ときゃっきゃしながらソフトクリームをつまみ食いしていましたw

ここで得たのは、コーヒーの知識と外国の方との接し方です。

コーヒーが飲めなかった私が、コーヒーの美味しさを知り、今では自宅で手挽きコーヒーを入れるようになりました。

いい休日を送れているのは、カフェでバイトをしたおかげです♪

やけどや切り傷、打撲(慌てていろんな角に激突したw)は絶えませんでしたが、コーヒードリップを仕込まれたのは、私にとって大きな価値があると思っています。

 

街中で困っている外国の方がいると、積極的にお話できたり、道案内できるようになったのも、このバイトをしたおかげです。

もともと人見知りの地方出身者にしては、度胸のある人間になったとは思いますw

 

最近、コーヒーは健康にとてもいいことも判明してきているので(ダイエット、偏頭痛軽減、うつ予防、糖尿病予防などなど)、今後も美味しいコーヒー生活をしていきたいと思っています♪

 

③キッチン

出典:https://pixabay.com/

 

私には、『やっておけばよかった。というかやりたかったけどできなかった 。』と思うバイトがあります。

それが、『キッチン』のバイトです。

 

たしかに、科学的にもホール(接客)は女性向きです。

逆に、男性がキッチンで料理をする方が効率が良いです。

しかし、私は料理がしたかったです。

 

私の男友達で、キッチンを大学4年間続けた人がいます。

卒業する頃には、すごく料理の腕が上がっていました。

キッチンでも、居酒屋のキッチンはすこぶる料理の腕が上がります!(料理数が多くて、自宅でも作れるのが多いから。)

 

私は羨ましくて仕方がなかったです。

私が、居酒屋のキッチンで働けていたら、もっともっと料理レベルが上がっていたと思います!

大学卒業間際になると、バイトでも上の方になってしまうので、ホールをしながらキッチンもやりましたが、全然ヘタクソでしたw

なので、キッチンを学生のうちにしておけば、その後の生活ですごくすごく役に立つと思うんです!

 

 

 

まとめ

 

ここまで、オススメのバイトと、やっておきたかったバイトを3つご紹介しました。

バイトをバイトで区切って考えるのではなくて、

『その後の生活の質をあげるために!』とか、『自分にプラスになるものが得られるように!』という目的を持ってバイトを選択すると、大人になった時に活きてくるようです♪

 

『妹はマクドナルドでバイトしていたけど、何が得られてるだろう?』と考えると、

ちょっと厳しい環境でも居酒屋やカフェで働いて得たものは大きいと思えます。

趣味は確実に増えます!

 

人それぞれの考えがあるかとは思いますが、そんな目的をもったバイトの選択をする。

それが、私のオススメのバイトの選び方です!

 

ワインに詳しい彼氏はかっこよく見えるし、お菓子作りができる女子は可愛いし、

ご飯屋さんで、店員さんの下げやすいようにお皿をまとめる人は、できるやつだなぁ。と思うし、

しゃべりやすい人は、接客業してたのかなぁ。なんて思います。

 

大人になった時に、どんな人になりたいのかが、結構あらわになるポイントとなるのが、学生時代のバイトだと思うので、

したいことを思う存分すべきなのは事実ですよね♪

私も未だに大学生だけは戻りたいと思えるくらい、楽しかったです!

良い学生生活を!

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!