【貧血】劇的な回復の中で、残った問題と新しい発見。そしてチャレンジ。

Pocket

出典:https://pixabay.com/

 

隠れ貧血とやっとの思いで診断してもらい、4か月経ちます。

鉄剤服用だけで、だいぶ普通の人です。

体調も良い時は、元気で、普通の人と同じように過ごすことが出来ています。

 

しかし、1つ問題が残ってしまいました。

また、新しく自分の特性を知るきっかけもありました。

 

新しい発見は、今後も対策していかないといけないところです。

そんな私の回復・覚醒期の症状や様子について書いていきます。

 

このことをご報告するために、

残った問題

新しい発見

2つについて書いていきます。

 

貧血、鉄不足の原因がやっぱり意外なところに隠れていることが発覚して驚きです。

リアルに具体的に書いていきますので、何かの参考にして頂けたら嬉しいです♪

 

私の隠れ貧血の症状に関して、ざっくりまとめた記事はこちら。



残った問題

出典:https://pixabay.com/

 

だいぶ回復してきましたが、私にはどうしても調子を崩す時期があります。

それが、「月経の時」です。

 

月経直前、直後はどうしてもしんどくなってしまいます。

女性ならそう感じている人も多いですが、

鉄不足が改善しても、これだけは症状の重さが変わりません。

しんどい時間は短くなったんですけどね。

 

月経の時の気持ち悪さ、めまい、痛さは本当にしんどいです。

 

医師には、「ピルの服用を始めるしかないだろう。」と言われています。

ただ、鉄不足の状態で、ピルを飲んだ時に、全身に発疹が出てしまった事があるので、

鉄不足の改善を待ってから、経過をみて、治療を始めることになっています。

発疹の原因が薬疹ではなく、原因不明のままなので、そこがネックです。

 

まぁ、今はだいぶ免疫も改善して、風邪を引くこともなくなってきているので、

このタイミングで、また新しい治療が始まると思います。

 

もっと元気になれるはずなので、楽しみでもあります♪

 

新しい発見

発見

出典:https://pixabay.com/

 

私には、不思議なことがありました。

看護師の資格を持ち、自分で勉強をするのが好きでもわからなかったことです。

それが、「たくさん食べるのに、鉄不足になってしまうこと。」です。

 

貧血になる女性の多くは、「ダイエットをしている人」や「少食の人」です。

なので、痩せている女性に多いイメージを持つ方もいるかと思います。

 

私は、普通の人よりはたくさん食べるタイプです。(1度目の鉄剤服用後から) 

でも、また鉄不足の状態となり、フェリチンの値が低下、隠れ貧血になってしまいました。

そのことをご紹介した記事がこちら。

 

不思議でならなかったので、自分なりにいろんな情報を集めて、「フォドマップ」という情報を見つけました。

私は、生まれつきお腹が弱い人でした。

今でも度々胃腸炎を起こしては、風邪をひきまくります。

その原因が、「糖分にある。」というのが、「フォドマップ」の考え方です。

 

このことについてご紹介した記事はこちら。

 

この情報をもとに、私自身の胃腸に悪さする糖分探しにチャレンジしました!

結果は、「ヨーグルト」「生クリーム」「リンゴ」で反応しました。

 

私は、疲れていると、たまに夜中腹痛で目を覚まして、トイレに引きこもることがあります。

割と昔からあったと思います。

そしたら、対象の糖分を食べない時は、元気で、

対象をの糖分を食べると、腹痛で下痢になりました。

 

その後は、グッと体調が崩れて、2週間くらい風邪のような症状になります。(鼻水と咳、喉が痛い、だるい。)

でも、血液検査では、食物アレルギーの反応はありませんでした。(2018年8月の血液)

 

医師に相談した時は、「それは反応しているということだから、食べないようにした方がいいよ。」と言われました。

 

よくよく調べると、「食物アレルギー」と「フォドマップ」は種類が違うようです。

食物アレルギーは、