【陰謀論】Softbankの通信障害の原因見つけたかも!?

2019年1月30日

Pocket

出典:https://www.google.co.jp/search

 

なんだかSoftBankの通信障害で日本中が混乱している最中、私も1SoftBankユーザーとして困った状況にあります。

そんな時にゆるいゆるゆるネットサーフィンなんかをしていたところ、なんだか面白い情報を見つけてしまったので、記事にしてまとめてみることにしました。

 

そうすると、なんだか怖いことが考えられそうなので、得た情報をとりあえずまとめてみますね。

 

証拠①イギリスの最大手の通信会社『O2』でも同じ状況に。。

引用元:http://www.three.co.uk/Discover/Network/Coverage

 

イギリスの最大手通信会社の『O2』という会社の公式ホームページにて画像にある文章が公開されています。

内容は、「データ通信と音声通信が使いづらい状況となっています。今使えるところはこちらです…」といった内容になります。

 

通信障害が起きた時間帯は、

Softbankが13時39分

O2が14時30分

ということです。

どちらも今日の同じ時間付近で大規模な通信障害が起こっていることなんです。

こんなに短い時間で世界の各地で電波障害が起こるのは、やばくないですか??

 

証拠②:日本経済新聞の記事に掲載されており、設備会社『エリクソン』が認めている。

障害の一因はスウェーデン通信機器大手、エリクソン製のソフトウエアにあるとみられる。英国で6日朝(日本時間同日午後)、携帯通信2位、O2のネットワークで大規模な通信障害が発生。エリクソンの広報担当者は日本経済新聞の取材に「(自社のソフトで)影響を受けた顧客は英O2と日本のソフトバンク」と述べ、日英の通信障害の一因が同社の不具合によるものと認めた。

引用元:https://www.nikkei.com/article/DGXMZO3863277006122018TJ1000/

 

『エリクソン』は携帯の設備を作っている会社で、どうやらSoftbankもその設備を使っているとのこと。

イギリスのO2も同じ機器を使っているとのこと…

なおかつ、その影響は『エリクソン』が原因であることを認めたんです。

 

ここでです!

今日の『報道ステーション』のニュースにもなっていました、『ファーウェイ(HUAWEI)』のCFO(すごいトップの人)がアメリカの指示でカナダで拘束されたんです。

 

出典:https://www.google.co.jp/search

 

この会社は、いわば『エリクソン』のライバル会社です。

『ファーウェイ』にとっては、『エリクソン』に影響が出たことで、今後の収入を拡大するチャンスが生まれるわけです。

 

つまり、『ファーウェイ』が『エリクソン』に嫌がらせを目的として攻撃したんじゃないか?と考えられるんです。

怖い。。

 

そう考えると、SoftbankとO2は、そのせいで被害にあった形とも考えられますよね?

『ファーウェイ』はアメリカの国家機密を漏らす危険性があるから

アメリカは、「『ファーウェイ』を使うな!」と言い始めたことが発端となって、

『ファーウェイ』締め出し作戦を勃発させようと試みたところ、

『ファーウェイ』は「自力でなんとでもなるし!」と奮起して、

「ライバル蹴落とせばみんな『ファーウェイ』使いたくなるんじゃない?」

という考えで『エリクソン』攻撃して、SoftbankとO2の電波障害を発生したのかもしれない。。。

 

こんな陰謀論的な考えが頭の中で再生されてしまったために、興奮して寝られなくなりそうだったので、記事にして自分を落ち着かせようとしている今日この頃ですw

夜遅くに急に失礼しましたっ