【貧血】血液検査結果なにがなんだか分かるまとめ

2018年12月20日

Pocket


出典:https://pixabay.com/

 

私は隠れ貧血で苦しんだ人です。

貧血の時にすごく気になるのが、血液検査の値かなと思います。

ここでは、そもそも貧血をみる「血液検査の項目」や、「標準値」などをまとめたいと思います!

 

日本の標準値と海外の標準値が違かったり、人によって違くなるものもあるので、

その点も考慮しながら、まとめて書いていきたいと思います!

 

このことを伝えるために、

血液検査の項目と意味

その結果から何をみるか!?

私の場合で当てはめてみる!

3つを書いていきます。

できるだけ具体的に簡単に書きますので、最後まで読んでいただけると嬉しいです♪

 

目標は、『血液検査をした時にこの記事だけみればなにがなんだか分かる』です!

 

血液検査の闇の部分を書いた記事はこちら!

隠れ貧血についてはこちら!

【隠れ貧血】フェリチンってなんだ!?

 



 

血液検査の項目と意味


出典:https://pixabay.com/

 

ここでは、貧血に関わる血液検査の項目のみを取り上げますね。

正看護師の資格を取った私自信も、標準値などは全部記憶していないし、(自分の専攻した分野ではないし。)

看護師は、標準値一覧の小さいキティーちゃんの本をひっそり忍ばせているので、私も参考にしながら書きたいと思います!

 

医療機関によって標準値が異なるので、『だいたいこんなもんだろう。』という捉え方でお願いします!

では、貧血に関わる血液検査の神7をご紹介していきます♪

女性に絞って標準値を書き出しますね!

 

①RBC(赤血球数)

赤血球の白玉の形した部分の個数。​白玉は美味しい。

標準値 :380〜480(×10^4/mm^3)

 

②Hb(ヘモグロビン)

赤血球の赤い部分。酸素をくっつけたり離したりする運び屋さん。月経前は多くなる。10以下は重度貧血。

標準値 :11〜14.6(g/dl)

 

③HCT(ヘマトクリット)

血液の中にある赤血球の占める体積。​赤血球大量発生になってないか。

標準値 :32〜43(%)

 

④MCV

赤血球の大きさ。赤血球デブになってないか。痩せすぎてないか。

標準値 :82.2〜100(fl)

 

⑤MCH

1個1個の赤血球の中にあるヘモグロビンの量の平均。​全体的に見て鮮やかに赤い色してるか。

標準値: 27.4〜34(pg)

 

⑥MCHC

1個1個の赤血球の中にあるヘモグロビンの濃度。​1個の赤血球の赤色の主張加減。

標準値 :32.8〜34.9(%)

 

(※④〜⑥をまとめて赤血球恒数という。①〜③までの値を計算して出される数字です。)

 

⑦フェリチン

肝臓に貯蔵してある鉄の量や、重度の炎症があるかどうかをみるやつ。

隠れ貧血はこの値だけ低いことも多いです。日本では、通常検査には含まれません。

医師にお願いすると項目を加えてくれます。すっごい高値だとがんなどの影響で炎症が起きているのかも…

標準値 :5〜140(ng/dl)

貧血専門にする医師の場合: 12〜(ng/dl)

健康的な値(海外論文より):50〜80(ng/dl)

アメリカでの出産基準:  40〜(ng/dl)

 

【番外編】

Fe(血清鉄)

鉄欠乏性貧血の時は、この値が低くなっていることも多いです。多すぎると細胞を攻撃してしまうんでそれも注意。

標準値 : 60〜150

 

引用元:ハローキティーの早引き検査値・数式ハンドブック  第2版

 

その結果からなにをみるか?


出典:https://pixabay.com/

 

貧血だけに絞って考えた時に考えるであろうことを3ステップにしてみました。

 

【ステップ1】

①RBC(赤血球数)②Hb(ヘモグロビン)③Ht(ヘマトクリット)が低くなってますか?

もし、低くなっていたら貧血確定です。

増えていたら、脱水や多血症(赤血球増加しすぎ症候群)で血がドロドロなってるかも。。

 

正常だった場合やちょっとだけ低いなんてことになると、下に書いたことを考えます。

 

【ステップ2】

(以下の項目が)正常でしたか?異常でしたか?

次は、厄介な貧血でないかみていきます。

当てはまるかどうかみてみてください。

 

①悪性貧血:萎縮性胃炎が影響でビタミンB12の不足→巨赤芽球性貧血(DNA合成が変になる)

MCV(赤血球の大きさ)と、MCHC(1個1個の赤血球の中にあるヘモグロビンの濃度)が高くなります。

平均的に大きい赤血球を作り、全体的に形や大きさがまちまちで、上手に作れなくなるため。

 

②再生不良性貧血:骨髄の造血細胞が働かない。

→MCH(1個1個の赤血球の中にあるヘモグロビンの量の平均)が不安定になって、RBC(赤血球数)も、白血球も、血小板も減ります。

うまく血が作れないんで、元気な赤血球ができない感じ?

 

③溶血性貧血:なんらかの影響で赤血球の寿命が短くなって、作る方が間に合わん。

→この記事に書いた項目よりも、間接ビリルビンという値をみて判断します。

ビリルビン(赤血球が壊れた時に出てくるもの。黄疸(体が黄色っぽくなるやつ)の原因。)がたくさんになって、値が高くなります。

 

【ステップ3】

ここまで当てはまらなかったら、鉄不足が原因の貧血になっているのかもしれません。

 

鉄欠乏性貧血:鉄分不足になると赤血球不足になって酸欠になる。

→MCV(赤血球の大きさ)MCH(1個1個の赤血球の中にあるヘモグロビンの量の平均)が低下します。

 

Fe(血清鉄)の値は低くなっていませんか?

フェリチンの値は低くなっていませんか?

隠れ貧血だとフェリチンだけ低いこともあります。

 

【貧血の原因が他の意外なところにある場合】

病気やけがによる出血が原因の貧血:気付かないほどの少量の出血が長く続くとなる貧血。

→出血が長く続くとMCV(赤血球の大きさ)MCH(1個1個の赤血球の中にあるヘモグロビンの量の平均)が低下します。

急な出血だと変化ないです。

痔や胃腸からの出血、子宮筋腫などで出血のある部分はありませんか?

 

​いろいろ書いてしまったのですが、医師はその他の検査結果も踏まえて考えているので、「こうだったから絶対そうだ!」とも言い切れないですし、人それぞれ体質が違うので、症状がでる値も違います。

なので、私の場合はどんなだったのかを次に書いていきますっ!

 

私の場合で当てはめてみる


出典:https://pixabay.com/

 

ここまで書いてきたことを踏まえて、私の具体的な数字と症状をご覧ください。

 

【2018年8月】

①RBC(赤血球数):535    →多め

②Hb(ヘモグロビン):14.5   →正常。多い方

③HCT(ヘマトクリット):45.3   →ちょっと多め

④MCV(赤血球の大きさ):84.0   →小さい方

⑤MCH(それぞれの赤血球のヘモグロビンの量の平均):27.0   →ちょっと少ない

⑥MCHC(1個1個の赤血球のヘモグロビンの濃度):32.1    →ちょっと薄い

⑦フェリチン:11.2  →病院的には正常。自分的には低い。理解のある医師的には低い。

・Fe(血清鉄):61   →ギリギリ正常値。少なめ

 

症状:全身に発疹があって、寝られないくらい痒い。とても鬱。めまい動悸頭痛すさまじい。微熱続いている。

白血球やCRPなどの免疫系→正常。

 

これは、私が今回体調を崩して、MAXしんどかった時の血液検査の値です。

総合病院にいっても、『?』で、医師が困ってしまいましたw

結局鉄補充で元気になったので、

 

①〜③がやや多い→脱水?

④〜⑥が低めで、フェリチン下り調子→隠れ貧血ということで、

脱水しつつ、隠れ貧血の症状だったのかなと思います。

まぁ、これは例としては難関なので、以前の血液検査の値も出しますねw

 

【2016年8月】

①RBC(赤血球数):479    →正常

②Hb(ヘモグロビン):12.8   →正常

③HCT(ヘマトクリット):39.7   →正常

④MCV(赤血球の大きさ):83.0   →小さい方

⑤MCH(それぞれの赤血球のヘモグロビンの量の平均):26.7   →ちょっと少ない

⑥MCHC(1個1個の赤血球のヘモグロビンの濃度):32.2    →ちょっと薄い

⑦フェリチン:6.8 →病院的には正常。自分的にはとても低い。理解のある医師的にはバッチリ低い。

・Fe(血清鉄):26   →かなり低い

 

これは隠れ貧血と診断されて、フェリチン値を76、Fe(血清鉄)を118にしてから5ヶ月たったある日の検査結果です。

症状としては、疲れがどっと出るな。フラフラするかな。くらいでした。

この検査結果をみると、わかりやすいんじゃないでしょうか?

 

①〜③は正常

④〜⑥が低めで、フェリチンと鉄ダダ下り。→隠れ貧血です。

このように、私は隠れ貧血とわかった上での最近の検査結果なこともあって、フェリチン値が下がってくると、症状の出やすい体質なのかな?ということらしいです。

やっかいでめんどくさいですが。。w

でも、自分自身が理解していると、納得できて、気をつけられるじゃないですか。

 

『それはいいことなんでないかな?』と思い、記事にさせていただきました!

でも、私の検査結果で症状が出ない人もいるんだと思うんです。

私の値が絶対的な基準として扱われるのではなく、1つの具体例として、『こんな人もいるんだなぁ〜。』と思っていただけたら幸いです♪

 

私自身は、『めんどくさいなぁ。』と思っていますが、理解ある医師や、友人、たむおさんもいるので、

マイペースに貧血対策と、定期的な検査と、治療を頑張ろうと思います♪

きっとみんなが理解してくれる日がくると信じてブログ書きますw

おわりっ!!