大掃除はめんどい…楽チンかつ安全にしましょ♪

Pocket

出典:https://pixabay.com/

 

大掃除どうされていますか?

私は掃除好きなこともあって、少しずつ大掃除始めています。今日はキッチンをしました♪

大掃除の方法っていろんなものがあるんですが、私なりのものがあるみたいで驚かれることもあったので、

私がしている大掃除の方法を書いてみることにしました。

 

私の両親はどちらかというと掃除ができない人です。その分、掃除をする幼少期w

なので自己流なところが多いのですが、簡単だと言われることもあったので、書いてみます。

 

このことを伝えるために、

私の掃除の考え方

大掃除の秘策

2つについて書いていきます。

医療の考え方と自分の面倒くさがりがドッキングしている感じ何ですが、なにかの参考にしていただけたら嬉しいです。



 

私の掃除の考え方

出典:https://pixabay.com/

 

私の考えが正しいとも言い切れないです。それだけはご注意を。。

看護大学では、衛生と不衛生についてとことん習うんですが、何を気にするかって細菌やウイルスを気にするんですよね。

見えないものがどれだけ強敵で凄まじい威力を持つ奴なのかを勉強します。(看護基礎の先生は怖かったなぁ。。)

見えないものを注意するって、超能力者でもないんで、人間はとことん排除することで対策をとるんですよね。

 

病院だと清掃員さんがいらっしゃるんですが、問題は自分でする時です。

子どもなんかだと、嘔吐や排尿・排便するのが当たり前です。(そういう体の仕組みです。)

保育園看護師として働いていた時、私は物品を捨てたくて仕方がなかったです。

保育士さんの気持ちもわかるんですけど、菌やウイルスってそうそう簡単になくなるもんじゃないんですよ。

 

同期の看護師さんは、保育園で買ったばかりのブルーシートに嘔吐物付いた瞬間、速攻捨ててチクチク言われてしまう始末でした。

でも、残していたらノロ感染が倍増していたでしょう。

そのくらい、看護師という人種はいろんなものを使い捨てしたい人なのかもしれませんw

 

なんで、1つ目の気持ちとしては、『基本使い捨てで掃除したい』です。

バケツって、普通使うんだと思うんですけど、私は面倒だし、汚くなるし、細菌いっぱいだし。

使いたくないんですよねw

同じ理由で三角コーナーも置かないです。毎回ビニール袋で破棄します。(臭わないし良さげだと思っている。)

 

2つ目の気持ちは、『自分や周りの人の体に害がないようにしたい』です。

掃除の時は、マスクはします。ハウスダストアレルギーがえぐいのでw

あとは、次亜塩素酸ナトリウムの使い方には敏感です。

 

次亜塩素酸ナトリウムは、ハイターや漂白剤に含まれていますが、

たくさん入れれば効果が上がるものではありません。

多すぎたり濃すぎたりすると、害になるものなんですよね。

 

ツーんとする匂いがするまでになると危険です。(でも公共の場は多い)

粘膜がやられたり、喘息が悪化したりしますよ。

 

次亜塩素酸ナトリウムは、 強アルカリのため皮膚炎や粘膜刺激を起こすことがある。また、酸性溶液と反応し毒性 の強い塩素ガスを発生し、咽頭・気管支の痛み、激しい咳、嘔吐を 生じることがある。酸性 物質との混合は 禁忌 である。また、漂白作用や 金 属腐食性があるため、金属製 器具などへの 使用は 避けることが 必 要 である。もし 金属製器具に使用したときは、 短時間とし使用後は 水でよく洗い 流 すことである。手荒 れなど皮膚を障害するこ とがあるため、手 指・皮膚には使用しないことである。

引用:医療現場における次亜塩素酸ナトリウムの 特性と有用性 (https://www.kao.co.jp/pro/hospital/pdf/07/07_04.pdf)

 

知っている方も多いんだと思うんですが、危険なことも多いものです。

保育園で、掃除することが多いパートの保育士さんというポディションがありました。

その方にある時言われた言葉を覚えています。

「この仕事してから、鼻の中の皮膚がポロポロしてるんだよね〜」

 

濃度が濃かったので、薄くしたり、換気をよりしてもらうことで対応しました。→症状もなくなった。

私も保育園にいると声が常時枯れていました。

次亜塩素酸ナトリウムのせいでしたw(こやつは気化して空中に飛ぶから。)

すぐに対応するんですけど、換気する機能が皆無でため息がたくさんでましたw

 

消毒すればいいもんでもない。

効果は濃くても適量でも同じです。

このような経験もあって、極力強い洗剤や漂白剤は使いすぎないように気をつけています。

ペットボトルのふた1杯で掃除も消毒も十分です。(多すぎかもしれない。。)

 

出典:http://www.city.iruma.saitama.jp/kurashi/kenkou_fukushi/kenkouiryou/noro12.html

 

大掃除の秘策

出典:たむ

 

そんな私が大掃除する時に1番使うのは、『ビニール袋』『レンチン布巾』です。

排水溝や、換気扇、まな板などなど、水回りはビニール袋で終わります。掃除後のシンクやバケツの掃除がないから。)

 

袋に入れて、

水を入れて、

ハイターを入れて、

換気扇MAXにして待ちます。(放置)

 

あとは、気が向いた時に食器用洗剤とスポンジで流せばおしまいです。

なので、大掃除の時は、シンクにビニール袋がかけてあるだけです。

手袋も、直接触る機会がないので、(袋に入ってるから。)使わないです。

終わったら捨てて、終わり。

 

タイルとか換気口なんかを拭く時は、『レンチンした布巾』を使います。

キッチンが主にですが、油物やこびりつきの汚れは、レンチンタオルでだいたい落ちます。

たまに食器用洗剤をちょろっとするけど。。

アルバイト(カフェと居酒屋)で学んだ掃除方法です。


激落ちふきん(10枚入)【激落ち(レック)】

 

あとは、アルコールシート(シルコットウェット)がたくさん売っているので、

それでいろんなところを拭きます。

床も、雑巾とかじゃなく、シートで拭きます。

つまり、使い捨てで完結させたい気持ちが強いということですねw


シルコット 99.99% 除菌ウェットティッシュ アルコールタイプ 本体40枚

 

ここまで、私なりの大掃除について書きました。

でも、これが正解ってのもないので、それぞれなんですが、

引っ越しが多い家や、1人暮らしの学生は、掃除用具ない家も多いかと思います。(バケツとか手袋とか)

 

そんなに大掃除に手をかける時間ももったいないので、

あるものでさらっと終わらせて、年末の飲み会やイベントを楽しむ時間を多くとったほうが、良い時間になるのではないでしょうか?

そんな面倒くさがりな私の大掃除のご紹介でした。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!