【隠れ貧血のリアル】原因不明と闘っている時のおはなし

2019年1月12日

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket


出典:https://pixabay.com/ja/photos/

 

これは、私が「隠れ貧血」で体調崩して最もしんどい時、

半年近く寝たきりの生活、いくら病院を回っても原因不明を言われていた状態で書いた、リアルな気持ちです。

 

私の病気の記録をまとめた記事はこちらです。

 

元気になった自分が読むと、すごく暗い感情が並んでいますが、誰かの共感につながればと思い、残します。

今と昔では、まるで別人のようになっていて、夢をみていたように記憶が薄いです。

なので、その当時書いた文章はそのままにします。

ご了承ください。

 

しんどいネガティブ期・1

 

今の私は、仕事はまぁ出来るような状態ではなくて、

日常生活も、まともに送れていないし、

毎日何かしらの苦痛に耐えなければいけない状態です。

なおかつ、半年以上その状態です。

 

始まりは、2018年を迎えてすぐ。

熱が37.5℃〜38.5℃が2ヶ月以上続くというところからでした。

私は元々低体温です。

最近は、多分36.4℃が平熱だと思います。

 

徐々に体力もなくなれば、仕事どころではない状態になって、

気がつくと急に月経困難になり、その時期になると、激痛と、グルグル視界が回るようなめまいと。。

正直立つのが辛いし、起き上がっているのも辛い。。

 

そんな状態が半年ですw

正直、やってられませんww

 

さらに、ピルを服用して3日目から発疹と凄まじいかゆみ。。。

まともに寝られず、痒くて3時間寝られるのがやっとの日々が1ヶ月続きました。

さすがに地元の大学病院を受診しました。

 

1か月前の話ですが、も、生検をして結果待ちしています。

正直、1ヶ月以上待たせるのはさすがに酷。やってられませんwww

 

先日、東京の大きい病院に行ってみました。

「まぁ、まずはフェリチンがおかしいんじゃないか。」

とのことで、鉄剤を服用して様子を見ているところです。

 

今のフェリチンの値は、10

基準値ギリギリではあって、貧血とは診断されない値です。

しかし、低めです。

でも、これのほかに検査で異常が出ない

やってられません!!!

 

というわけで、今も病気にやられているという状態です。

気を張っている状態を長期間キープできるわけもないので、度々ネガティブなのですが。

なんとかまた元気だった頃に戻りたいなと思っています。