【貧血】「隠れ貧血」治療のその先…|継続していく治療と今後の計画!

Pocket

出典:https://pixabay.com/

 

原因不明の体調悪化から、1年。

「隠れ貧血」の治療を開始して、5か月になります。(長いなぁ。)

 

この1年間、私の中ではたくさんの変化がありましたが、それをバネにさらに高みを目指そうとしています。

不安や葛藤も生まれているここ最近の私自身の「隠れ貧血」模様をご報告します。

 

「隠れ貧血」治療のその先…

今後の計画と目標

2つについて書いていきます。

リアルに具体的に書いていきますので、何かの参考にして頂けたら嬉しいです♪

 

私の隠れ貧血の症状に関して、ざっくりまとめた記事はこちら。



「隠れ貧血」治療のその先…

出典:https://pixabay.com/

 

治療5か月目の様子

以前更新した報告記事の続きとして、最近の変化をご報告します。

 

「隠れ貧血」の治療が5か月にもなり、鉄剤も継続的に服用していたので、フェリチン(貯蔵鉄)の値も増えました!

(2018年6月)フェリチン値=10.6ng/ml

(2018年9月)鉄剤服用開始

(2018年11月)フェリチン値=58.9ng/ml

(2019年1月)フェリチン値=62.0ng/ml

 

本当はもう少し値が上がると思っていたんですが、月経困難が残ってしまった影響もあって、鉄過剰にはさらさらなりませんでしたねw

鉄剤を4か月服用してもこのくらいにしかならないという証明です。(体質によって差は出るけれど。)

鉄過剰も危険だということについてご紹介した記事はこちら。

鉄分の取りすぎとは、どんなものなのか?

 

フェリチン値自体は、海外的にも適正値に入ったので、この値をいかに維持できるかにかかっています!

血液検査の見方と、海外と日本の標準値の誤差大きすぎ問題について書いた記事はこちら。

 

鉄不足じゃなければ、私はネガティブでないし、うつ症状から程遠い、根本はポジティブ野郎だったので(遺伝子検査にて。)、

「鉄分をいかに補充し続けるか?」「胃腸の調子をいかに整え続けるか?」「月経コントロールを上手くこなせるか?」

にかかっています。

 

今では、日々元気に前向きに過ごしています!

「うつ症状は何だったんだ!?」とすごく思っています。

遺伝子検査の結果が、「ただのポジティブ野郎」だったという報告記事はこちら。

 

今後の治療方針

先日、病院を受診した際に、「ピル」の服用を決めました。

体調が悪かった時、1度ピルを服用して3日目に謎の発疹が身体の隅々まで出て大変だったんですが、(結局原因不明です。)

鉄分が補充されて、免疫がついたということで、再びピル服用を開始しました。

 

今のところ(ピル服用3週間)変化なく、ちょっと吐き気があるくらいで済んでいるので、今後も服用し続ける予定です。

服用開始する時は、医師と腹をくくって「また発疹がでたら次の策を考えよう。」と約束をしていたので、ひと安心です。。

 

私の担当医は、初診の時は「隠れ貧血」でのうつ症状に否定的な意見でしたが、講習できいた情報を元に治療を開始してくれました。

受診3回目にして、担当医自身が鉄剤を服用し始めていたことに驚きましたw(鉄不足の威力を実感させてしまったようです…)

 

分を吸収しにくい体質も理解してくださり、今後も間欠的(2日に1回ペース)に鉄剤を服用継続して、

ピルも血栓の影響が出にくい種類をセレクトしてくれて、継続治療の道筋ができました!

(鉄剤もピルも血栓ができやすくなるので、血栓予防に取り組みながら生活しています。)

 

今後も定期的に血液検査をして、継続的に鉄剤とピルを服用していく予定です。

 

今後の計画と目標

出典:https://pixabay.com/

 

今後の計画としては、大きな変化がありました。

 

『そろそろ私も復帰を考える時期だなぁ。』と思っていた頃。

たむおさんの東京への異動が決まりました。

なんと、私も4月から東京で新しい生活をスタートさせるようです!(ちょっとまだ他人事の心境ですw)

 

なので、東京での生活に合わせて、私も新しいスタートを切ろうと動き出しています!

当ブログも継続しながら、自分にできることがないかを模索しているところです。

 

今まで積み重ねるはずだったキャリアは、「隠れ貧血」の症状でまっさらな状態です。(何度も倒れているからなぁ。)

ここから、また新しくチャレンジするのは、並大抵のことではないですよね。

正直、かなり負担です!w

 

でも、トラウマは乗り越えるためにあるものだし、私は身体がそこまで強くないようなので、自分に合う環境がないかを必死に探してチャレンジしようとしています!

 

「隠れ貧血」は、日本ではまだまだ理解がないですが、私はその理解を広げたい一心で活動していますので、いずれは理解も深まります!

なので次は、「「隠れ貧血」になっても、回復したらこんなに元気になって、やり直しもできる!」ということを証明したいと強く思う、今日この頃です。

 

もし、挫折しそうになったら、コメントやメッセージを読むと救われますので、たまにでも応援していただけたら嬉しいです!(必死)

今後も、皆さんにタメにして頂けるような情報と、背中を押せるような記事を発信していきますので、何卒よろしくお願いします。

 

これからも頑張ります!

最後まで読んで頂き、ありがとうございました!