(私なりのアドバイス!)貧血かつ、精神疾患を抱える方へ。

2018年12月20日

Pocket


出典:https://pixabay.com/ja/

 

・精神疾患と診断されたが、悪化する。

・鉄欠乏性貧血と診断されたことがある。

・貧血の治療を行うと、楽になる。

 

個人的な考えも入ってしまうけれど、

もし、同じような状況にいる人がいるなら、

医師や病院や同じ患者の人を探して欲しいです!(ここにいますw)

ネット検索してみてください!(最近増えてきています。)

周りに当てはまる方がいるなら、一緒に探してあげてください!(必ずなにか情報はあります!)

 

現段階では、理解は得られにくいけれど、きっと将来は有名な病として認識されていくと思っています。

そのために、私は自分にできることを探して、やってみます。。

看護師として、精神科を専攻して勉強して、児童精神科で勤務して、友達にも多くいて、自分自身も治療されて、悪化して。。

やはり思うのは、曖昧な部分が多いです!多すぎます!

 

話だけ聞いて、35分も話せば診断できてしまう精神科の診断方法。

検査もしないことの方が多いと思います。

原因はどこにあるのか。どんな治療法が適しているのか。

他の科に比べたら、全然確立していません。

 

やっぱり、元々の精神疾患に対する軽蔑的な認識は根深くあるし、

歴史的に考えるとしょうがないのかもしれないけれど、

なんだか誤診しすぎだと思います!

誤診されないためには、自分をちゃんと診てくれる医師を見つけるか、自分自身が知識を持つしかないのかもしれません。

うつ症状がある人にとって苦行でしかない。

そんな世の中ですが、きっといいことあります!

 

精神疾患じゃなくて、貧血の一種であることもあるんですよ!

鉄剤飲むと、ウソみたいに元気になることもあるんですよ!

 

ネットの情報も他の病気と比べたら少ないし、理解も少ない。

なので、私は情報をネットに残していきます。

できる限り残す努力をします。

批判や否定も多いと思います。

 

でも、自分がそのせいで苦労したんです。

やるしかないです。

医療関係者の中に身を置いても、こんなに時間がかかってしまいました。

他にもいるんだと思います。

 

調べたこと、学んだこと、感じたこと。

その全てが、誰かのためになればいいです。

なので、残していきます。

 

あきらめないでください!(こんなことしか書けなくてすいませんw)

他にもこんな記事を書いています!一緒に読んで頂けたら嬉しです♪