「AI vs 医師」ビッグデータ時代における医療の在り方について

2019年1月14日

Pocket


出典:https://pixabay.com/

 

以前、『医療の現場にもっとAIの技術が使われればいいのに…』という私の考えを記事にしました。

私は、日本ではまだ馴染みのない、隠れ貧血をもっています。

たくさんの医師に原因不明だと言われてしまい、完全否定されてどんどん悪化してしまった経緯があります。

 

そんな時に、AIの診断があったらどんなに良かったか…

AIの医療診断のシステムが存在することは、だいぶ前から知っていたのですが、

なかなかそんな雰囲気ない日本の医療現場です。

そんな時、たむおさんが、「ねぇ、最近すごい研究結果出たの知ってる!?」と言ってきました。

 

その内容は、AI vs医師。その結果です。

面白そうだと思いませんか?

今回は、このことについてご紹介します!

 

このことを伝えるために、

AIロボットvs医師…勝者は?

どんな未来を予想しますか?

2つに分けて書いていきます。

私自身の考えも素直に書いてみますので、最後まで読んでいただけたら嬉しいです♪

 

原因不明の病気になった時、良い病院、良い医師を見つけるのが1番大変なんだということと、そのためにはAIをもっと導入してほしいという希望を書いた記事はこちら!

 


 

AIロボットvs医師…勝者は?

出典:https://pixabay.com/

 

とうとう、AIロボットと医師を戦わせてしまいました。

その結果は、予想を超えるくらいびっくりするものでした!

まずは、こちらをご覧ください。

海外の医療に関するニュースを取り扱っている記事を抜粋して載せさせていただきます。

 

症状と疾患の範囲を広げ、より現実的な状況に即した別の試験では、経験豊富な医師7人と競った。ここではAIのスコアが80%だったのに対し、人間の医師は64〜94%という成績だった。一般的な症状のみの試験では、人間の医師は52〜99%と大きな幅があったが、AIは98%に達した。これらの結果は、AIの限りない可能性を示すものだ。医師の負担を軽減し、迅速で正確な診断を行うとともに、時間を節約し、コストを削減することができるかもしれない。
引用:NewsWeek、『医療診断の試験で、AIが医師に圧勝した』2018年11月13日(https://www.newsweekjapan.jp/stories/technology/2018/11/ai-42.php)

 

これは、イギリスのバビロン・ヘルス社が開発したAIロボットの精度を厳しく評価した結果です。

人間の医師の成績の幅も気になるところですが、人間なのでしょうがありません。

このように、熟練の医師をもこえるくらい、AIの方が診断の能力が高かったんです!

このことにより、医療現場において深刻な人材不足や、効率的な診察に貢献できるのではないかと言われています。

 

私は、それだけではなくて、原因不明と言われてしまう病気に関して希望があると思います。

治療法や受診すべき科、かかるべき病院や医師を特定することで、

知識の乏しい医師の治療で悪化したり、病気を長引かせることなく、適切な治療ができるところに繋げる手段になるのではないかと思っています。

(サイトにも同じような記述があります。)

 

以前の記事にも書いたのですが、医師には得意分野があります。

それも、細かくあります。

なので、自分のかかった病気をよく知る医師をピンポイントで見つける必要があります。

 

でも、それは運ゲーです。

見つけられるかどうかは、運次第です。

日本で馴染みのない病気であればなおさら。

難易度は高まるばかりです。

 

でもAI は違います。

オールジャンルの医療の知識・データに基づいて、診断して治療を始めます。

 

もちろん人間性が必要になることもあると思います。

身体的なサポートやメンタル的なサポートということになるのでしょう。

介助したり、会話の中で安心したり、変化を感じたりしますよね。

ロボットではなく人間の方がいい時もあるのでしょう。

 

でも、場合によっては、人間性が邪魔になる時もあると思います。

医師の対応で、不快な思いをする人を最近よくみかけます。

私もその1人だと思っています。

 

知らない病気なら知らないと言えばいいんです。

分からないなら分からなくていいんです。

ただ、見栄を張って、患者の人格を否定し始める医師もいます。

隠れ貧血の症状で、ただでさえメンタルやられているのに、病院で鬱が悪化しては身がもたなかったです。

 

きっと同じように傷ついてる人もたくさんいるんだと思います。

なので、私はAIを早く導入してほしいです。

正看護師でもある自分が言っていいものなのか、不安にもなりますが…w

 

次に、もし今後うまく導入できたら、どんな風になって、

また、どんな悪いことがあるのかを考えてみたいと思います。

 

どんな未来を予想しますか?


出典:https://pixabay.com/

 

皆さんは、AIロボットが医療に用いられることをどう思いますか?

なんだか嫌な感じがする人もいると思います。

すごく歓迎する人もいると思います。

 

私は、少し病気や医師に関して傷つきすぎてしまったので、偏った考えを持ってしまっています。

どうしても医師を信頼できない人間になってしまいました。

もちろん、助けてくれる医師もいて、その医師を尊敬しています。

だから、ここまで頑張ってこれています!

 

世界的にみても、AIを医療に導入しようという動きが高まっています。

人間よりすごいことはもう知られていますよね。

病院で、問診に医師ではなくAIが用いられる時代もそう遠くないでしょう。

医師も働きすぎなので。

 

もし、AIが病院にいたら、

AIの診断を受けて、治療して。

そうなったら、正確に病気の原因を突き止められると思います。

 

でも、問題も出てくると思います。

自分の寿命をAIに言われたら…なんだかショックですもんね。

『誤作動だろ!?』と思うはずです。

でも、私は医師に言われても『誤診だろ!?』という場合もたくさんあると思うんです。

 

「自分は脳のMRIをしたい!」

私だったら、「フェリチン含めた血液検査がしたい!」

そうAIロボットに告げて、「その検査は必要ありません。」と言われたら嫌ですもんね。

なんだか腑に落ちないですよね。

 

でもきっと、医師も同じようになる場合がありますよね。

一応患者が求めた検査はするようにしなさいっていう努力義務もあるんですが、なんせ忙しいですもん。

今医師はどこに行っても働きすぎなので。

 

私は、どっちもどっちだと思います。

AIにも医師にも絶対的な信頼は置けない…です。

今は、医師がAIを使って診断のヒントをもらうような導入どまりです。

AIだけが診断・治療をするのは、現実的ではないかもしれないですねw

 

もし、AIを使って医師が病気の説明をした時、皆さんは、どっちを信頼しますか?

医師の方を信じますか?

AIの方を信じますか?

 

私は、なんだか、医師よりAIを信じてしまうかもしれない…

その方が、納得できるような気がしています。

AIはウソつかないし、隠し事やキレイ事は言わないから。。

その分素直すぎるのかもしれないけど…w

 

皆さんはどっちを選びますか?

 

結局、病気になったときに、何を信頼すればいいですかね。

人間でなく、ロボットの方を信頼するって、なんだか人間らしくないのかな?

そんな悩みを抱える今日この頃でしたw

 

私は、偏った考えになってしまっています。

きっと違う意見もあります。

変な考え方をしているかもしれません。

でも、私だけではないと思うので、このまま残します。

 

最後まで読んで頂いて、ありがとうございました!