【かくれ貧血】初めての感覚と新しい挑戦〜記憶力の変化〜

2018年12月20日

Pocket

出典:https://pixabay.com/

 

最近の私の体調の変化で、凄まじいものが出てきたので、ここにまとめておきます。

私は、かくれ貧血の治療を初めて2ヶ月半になりました。

フェリチン値もよくなっていて、健康な人と同じくらいの値になってきています。

今は、月経時はやっぱり『ズドン!』と辛くなりますが、風邪を引くことも少なくなってきて、体力も少しずつついてきているんだと思います。

 

最近になって、今までの自分とだいぶ違う自分になっていることに『ハッ』となることがあります。

自分としては、とても不思議な体験であり、鉄分の大切さや、かくれ貧血の怖さが分かってきたので、書き残しておきたいと思いました。

 

このことを伝えるために、

初めての感覚

新しい挑戦

2つのことについて書いていきます。

実体験であり、リアルを書くので、ヘンテコなところもたくさんになってしまうかもしれませんが、1つの参考にしていただけたら嬉しいです♪

 

私自身のかくれ貧血の症状や様子についてまとめた記事はこちら!

 

 

初めての感覚

出典:https://pixabay.com/

 

私は、今療養しながら、毎日PCに向かう日々を過ごしている訳なんですが、

最近になって不思議な感覚に襲われます。

 

以前は、静かな環境だとそわそわしてしまい、勉強や仕事に集中できない人で、

音楽や、ガヤを入れることで集中していました。

音があるだけで、なんだかやることなすことスピードが上がるんです。

でも、流している音の内容は入ってこないものでした。

 

しかし、最近音を流していると、勝手に記憶として覚えていることに気がつきました。

情報が面白いくらいにどんどん入ってくるんです。

 

例えば、google homeに『都道府県クイズ』という機能があって、この前たむおさんと挑戦したのですが、

私はもともと地理が全くできなかったこともあって、半分くらい正解できなかったんです。

その日は「ダメダメだなぁ。」なんて思いながら、何回か挑戦していました。

 

すると、翌朝ほとんどの情報が頭に残っていることに気がついたんです。

もちろん、『都道府県クイズ』は全問正解という事態。。

 

生まれつき記憶力がなくて困った受験生時代や、看護師国家試験の勉強していた時期のことなんかを思い返すと、

不思議なくらい勝手に記憶するんです。

 

なので、昨日自分の脳を試してみました。

PCに向き合いながら『ほんまでっか!?TV』の音声だけ垂れ流しにしてみたんです。

別に作業事態はいつも通り何ですが、

記憶として、ほぼほぼ『ほんまでっか!?TV』で聞いた内容が残っています。

 

今が記憶力の絶頂期なのかもしれませんw

今の自分と昔の自分。

普通なら同じ自分だと思いますよね。

なんだか私はちょっと違うみたいです。

 

私は、どうやら生まれつきの貧血体質です。

子供の時から鉄不足の症状が出ていたことが分かっています。

1度鉄剤を飲んで復活していますが、フェリチンが標準値になってすぐ服薬を止められたので、

上げては下がって、上げては下がっての繰り返しで、元気な時間は限られていました。

 

今、生まれて初めて毎日安定した鉄分が自分の体に供給されています。(長期的に)

見えるもの、聞こえるもの、感覚や感情、考え方。

以前の自分とはまるで違うように思えていて、

逆にどうして昔の自分はあんなだったのかが思い出せない感じです。

 

いわゆる二重人格の感覚。

医師に話したら、「もう少し時間をかけたら、繋がるよ。」と言ってもらえたので、不安ではないんですが、

学生の時にこの状態だったらさぞかし楽しかっただろうなぁ〜なんてw

 

これだけの変化を起こす、『鉄分』というのは、凄まじいです。

本当に、かくれ貧血の恐ろしさを体感しているところです。

 

どうしてこんなことが起きているのか。さすがに不思議に思って調べてみたところ、、見つけました!

女性113名(18~35歳)を対象として、鉄の充足度で3群にわけ、認知機能(注意力・記憶力・学習力)を無作為化単盲検比較試験にて評価しました。その結果、鉄不足群は鉄正常群よりテスト回答に要した時間が長くなり、また、鉄欠乏性貧血群は3項目ともスコアが悪くなりました。その後、鉄製剤を16週間摂取させると、血清フェリチンの回復が見られ、認知機能にも改善が見られました。
鉄が認知機能に深く関与していることが注目されています。

独立行政法人 国立健康・栄養研究所「健康食品」の安全性・有効性情報「鉄」
Murray-Kolb LE,Beard JL:Am J Clin Nutr 85(3)(2007)、(http://www.ils.co.jp/seihin/hem_02.html)
このように、鉄不足は、注意したり、記憶したり、学んだりする能力を低下させることが明らかになっていましたw
つまり、今までの私の脳は、抑制された状態であったわけでw
これを考えると、『正看護師の免許をとった自分はよく頑張ったんだなぁ〜。』と思えましたw
鉄不足だけで影響力ありすぎますねw

 

 

新しい挑戦

出典:https://pixabay.com/

 

いいことがあるに越したことはないんですが、問題もあります。

情報が一気に入ることができるようになっていることで、どうやら脳がびっくりしてしまうようです。

人間にもキャパがあって当然なので、私は今までのやり方を変える必要があります。

 

PCに向き合う時は、何も音をつけないようにしたり。(それが普通なのかw)

集中する時間と休憩する時間をちゃんと作ったり。(これも普通かw)

より質の高い情報を入れるだけ入れてしまおうとしたり。(今がチャンスw)

 

なんだか全く異なる自分になった感じがしているために、

新しい何かを始めるように、ウキウキした気持ちや、心配や不安でそわそわした自分がいます。

小学生に戻ったかのようですw

まぁ、そうはいってもなんだか楽しい時間を過ごすことができているようです♪

 

以前の記事なんかを読み返すと、びっくりするほど他人の文章のような、異様な感覚である今の自分。

でも、元気な時間がずっと続くように、今後もいろいろ調整していきながら、過ごしていかないといけないようです。

 

自分でもびっくりするような自分に出会うチャンスが、かくれ貧血の適切な治療にありました。

かくれ貧血は怖いし、影響力が強すぎて、自分でもなにがなんだかですが、

今、楽しい時間を過ごしているなら、それでいいような気分になっています。

 

もし、かくれ貧血を疑っている人、悩んでいる人、辛くなっている人がいたら、とにかく医師を、病院を探して1日も早く治療を開始して元気になって欲しいです。

私は、いろんなことにチャレンジしたり、調整したりしながら、今の自分にとって1番良いのはなんなのかを探していきます。

このことが、私にとって新しい挑戦です。