脳の成長に限界はない!|そう確信できるニュースと情報まとめ

Pocket

出典:https://pixabay.com/ja/

 

「大人になると脳は成長できない。衰退するだけだ。」

なんて言われていたのはウソでした。

「脳を変えることは難しい。」

そんな考えも間違いでした。

 

このことを確信に変えてくれたニュースを知って、私自身『頑張ろう!』と思えたので、ご紹介したいと思います!

脳はここまで成長できる!

脳はずっと成長できる!

2つについて書いていきます。

 

最新の情報もプラスしてご紹介することで、「脳の成長に限界はない!」という事を実感していただけたらと思っています。

私自身、「脳」の不思議を知るのが好きなんですが、今まで得た情報の中で1番感動した内容です!


脳はここまで成長できる!

出典:https://pixabay.com/ja/

 

脳はどこまで成長できると思いますか?

 

私は、生まれた時の脳の形は、ある程度変わらないと思っていました。(大きさ的に)

増えたり大きくなる事はないと思っていました。(脳のしわが増えるくらいだと思っていました。)

皆さんはどうですか?

 

そんな考えが、完全なる間違いだと反省した1つのニュースがあります。

イギリスの6歳の少年に関する記事です。

実はノア君がまだシェリーさんのお腹にいた頃、脳が2パーセントしかなく無脳ともいえる状態で、さらに二分脊椎症による脊髄骨が形成不全のため、医師からは出産しても存命することが難しいと言われていたのだ。

するとノア君の脳に奇跡が起きた。3歳になる頃には、脳が全体の80パーセントまで成長したのである。医師らは、出生時に脳は小さなスペースに押し込められていたが、シャントを設置したことで正常に近い状態まで発達したのではないかと見ている。また、決定的な精神的発達障害も見られず、現在6歳になるノア君は話すことや聞くこと、食べることもできるという。

引用:グノシー、脳が2%しかない状態で生まれた男児、80%まで成長し幸せに暮らす(英)、2019年2月25日(https://gunosy.com/articles/RTOCe)

 

イギリスに住むノア君は、生まれた時、脳が2%しかない状態でした。(ほぼ無脳症の状態)

しかし、脳を圧迫しないための治療(シャント)を行った後に、3歳になると脳の大きさは80%の状態にまで成長していたんです!

なおかつ、精神障害もなく日常生活を送れるまでになっており、元気に過ごしています。

 

画像を見ると、よりすごさが実感できると思います。

出典:THE SUN、THE BOY WITH ‘NO BRAIN’ Boy born with MISSING brain defies huge odds to live 、2019年2月20日(https://www.thesun.co.uk/fabulous/8466742/boy-born-missing-brain-lives-grew-back/)

 

MRIの画像を引用して使わせていただきました。

黒い部分は空洞(髄液で満たされているところなど)を意味していて、白い部分が脳の細胞を意味しています。

 

生まれた時、脳が小さい状態でも、成長して大きくする事ができるんです!

私は、こんなに脳が大きくなるとは思っていなかったので、衝撃的でした。

すごいですよね!

 

無脳症という症状は、日本でもあるケースです。

原因は不明で、延命も難しいことで知られています。(私はブラックジャックで知りましたw)

感情や意志がない状態の子もいます。

無脳症とは,両側大脳半球が欠損した状態である。ときに脳の欠損部が奇形性の嚢胞性神経組織に置換され,これが外部に露出するか,皮膚で覆われていることがある。脳幹および脊髄にも部分的な欠損ないし奇形がみられることがある。死産となるか,生後数日または数週で死亡する。治療は緩和療法のみである。

参考:MSDマニュアル、無脳症(https://www.msdmanuals.com/ja-jp/)

 

イギリスからのノア君に関するニュースは、脳の細胞が新しく作られることが実感できますし、大きく成長する事ができる事も実感できます。

このように脳の大きさ自体がここまで成長できるという事は、子どもはみんな、ノア君と同じくらいの大きな成長をしている事が言えますよね!(成長できるという事かもしれない。)

 

ノア君は、現在最先端の医療を受けられるオーストラリアで治療しており、歩く練習をしているとの事です!

 

脳はずっと成長できる!

出典:https://pixabay.com/ja/

 

イギリスのノア君のニュースを読むと、大人になった私たちはきっとこう思うと思います。

「子どもだから。」

 

しかし、これもどうやら間違いです!

脳って本当にすごいです。

「大人になっても成長に限界はないぞ!」という情報も見つけましたのでご紹介します♪

 

①大人の脳も、いつでも成長する気満々でスタンバッている!

「大人の脳も成長させる事ができる!」という記事を見つけました。

人の脳細胞の数は1歳の頃が一番多く、その後は日々減っていきます。子どもの脳病理の専門家だった私の先生は「赤ちゃんの頃の未熟な脳細胞は、大人になっても未熟なままたくさん残っている」と教えてくれました。そこで私は、未熟なままの脳細胞を「潜在能力細胞」と名付け、その能力を伸ばせばよいのだと確信しました。これが、脳は一生成長し続けるという理論の基本的なバックグラウンドです。右肩上がりの人と右肩下がりの人は、中高年になって潜在能力細胞を伸ばせるかどうかで差がつくのです。

引用:mugendai、成長する脳、しない脳――脳科学者・加藤俊徳氏が提唱する100歳まで成長する脳トレ、2018年8月16日(https://www.mugendai-web.jp/archives/8838)

 

脳細胞(脳の親玉細胞)は大人になっても脳でスタンバッています。

いつでも脳の細胞を成長させられるように、細胞分裂できるようになっています。

確かに赤ちゃんの時が1番多く、段々と少なくはなりますが、大人になってからも脳を成長させる事は可能です!

 

この事が証明されているなら、脳を成長させた方がいいに決まってますよね♪

成長させる方法としては、いくつかありますが、引用記事では「新しい経験が1番」との事です。

大人になっても新しい経験ができる人は、脳も成長し続けるという事ですよね!

 

私もそんな「アクティブばばぁ」目指して頑張らないと!(私は将来こう呼ばれるのを目標にしていますw)

 

②脳が衰退しても、再生治療できる最新技術も!

最新医療の研究によって、治療で脳の細胞が増やすこともできるようになってきています!

・昔から、脳は一度損傷を受けると再生しない、と言われてきました。しかし脳科学の発達により、損傷された脳を再生する治療が可能になってきました。

・このような治療法の多くはまだ研究段階にありますが、一部は既に臨床応用が行われつつあり、種々の脳疾患に対する新しい治療法として、注目を集めています。

引用:脳神経外科疾患情報ページ、脳の再生医療(https://square.umin.ac.jp/neuroinf/medical/701.html)

 

以前は、「脳が傷ついたら(衰えたら)元に戻せない」というのが常識でした。(私はそう習いました。)

しかし、治療によって再生させる事ができるようになってきています!

研究の最中ではありますが、近い将来、脳を再生させる治療によって、認知症がなくなるかもしれません。

 

そのくらい、脳は成長する可能性を秘めているんだと思えます!

 

まとめ

ここまで、『「脳の成長に限界はない!」ということを実感してもらえるんじゃないか』と思ったニュースや情報をご紹介してきました。

 

・脳を2%から80%に成長させた少年のニュース

・大人になっても脳の中には、成長できる細胞がスタンバッているという情報。

・脳が障害されても、再生できる最新治療の情報。

 

この事実を知るだけでも、『脳ってそんなに成長できるのか!』と思えますよね♪

そうと分かると、『もっと自分の脳を成長させたい!』『もっと成長しよう!』と思えますよね。

 

誰でも成長できるように、身体はやる気満々でスタンバイOKなので、あとは自分の意志の変化だけでいくらでも成長する事ができるのだと私は思えました!

 

この考えは、「発達障害を持っていても成長できる!」という考えにも関係してくる情報なんじゃないかと思います。

障害があったとしても、脳は成長させる事ができます!

 

そんな前を向けるようなきっかけになれたら、嬉しいです♪

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!