日本は貧血女性が多すぎて異常!…なのに、、?

2019年1月10日

Pocket

出典:https://pixabay.com/ja/

 

『貧血』

もちろんみんな聞いたことがあるし、ある程度は知っていますよね。

『隠れ貧血』

こう聞くとどうですか?

どんなものなのか、ちゃんと知っている人は少ないのではないでしょうか。

 

今回は、私自身も悩ませられて、しんどくさせられた貧血の死角」「日本の貧血事情の深刻さ」について書いていきます。

でも、解決策もあるということや、希望もあるということも書きますので、続編も含めて最後まで読んでいただけたらと思います。

 

このことを伝えるために、

日本女性のうち、貧血をもつ人はどのくらいいるのか?

世界と比べるとどうなのか?

2つについて書いていきます。

 

自分自身が感じたことと、根拠をつけながら考えてみたいと思います!

世界的に見ても、日本だけ取り残されているかのような結果になるので、考えるきっかけにして頂けたら嬉しいです♪

 

 

日本の女性のうち、貧血をもつ人はどのくらいいるのか?


出典:https://pixabay.com/ja/

 

日本では、『貧血』は昔から知られていますが、隠れ貧血』は、最近になって注目されるようになり、専門家たちが危険視するようになりました。

でも、医師でさえ知らない人が多いというのが現実です。

 

そもそも隠れ貧血ってなんなの?というのは、こちらの記事にまとめています!

 

隠れ貧血である私は、とことん完全否定をくらって誤診され続けました。

自分から、「鉄剤を飲ませてほしい。フェリチンの値を上げさせてほしい。」と医師に訴えても、耳も貸してくれない医師でさえいます。

そのせいで治療が遅れてしまい、ツラいことになってしまいます。

看護師である私自身が日本の医療に落胆するくらい、それはそれはひどい状況です。

 

貧血なんて、ありふれたものなのに、どうしてこのような状況なのでしょうか?

難病でもなければ、レアケースでもないですよね。治療法もただ鉄を補充するだけです。

 

実は、読んでくださっているあなた自身も、隠れ貧血かもしれない!というデータがあります。

2017年の日本のデータに基づいた記述です。

 

日本人女性ではおよそ10%が「鉄欠乏性貧血」を発症するとされている。女性には妊娠・出産、月経など貧血になりやすい条件が多く揃っている。また、若い女性に多くみられるダイエットや偏食なども貧血を助長している。
貧血まで至らない鉄欠乏状態(隠れ貧血)まで含めると、月経のある女性の約半数は何らかの鉄欠乏状態にあるともされている。
引用:http://www.seikatsusyukanbyo.com/calendar/2017/009317.php

 

日本の女性10人に1人が「鉄欠乏性貧血」を発症、月経のある女性およそ2人に1人が鉄欠乏状態です。

すれ違う女性の50%は鉄不足の状態ということなんです!

なんだか実感が沸かない状況ですよね。そんなに問題にしていない人も多いのではないでしょうか?

日本女性の約半分の人が鉄不足であるのは、多すぎると思いませんか?(月経のある女性に限った話ではありますが。)

 

さらに、妊娠・出産で貧血は急激に悪化します。

産後うつもマタニティーブルーも鉄不足があることで、なりやすくなることが分かっています。

胎児に影響が出てしまうことも明らかになりました。

 

詳しくは、こちらの記事にまとめています!

 

鉄不足であることは、胎児にも将来・未来にも影響してくることなんです!

ある意味、国家存続の危機といえるのかもしれません。

 

世界と比べると、どうなのか?

出典:https://pixabay.com/ja/

 

日本は世界的にみても、貧血に対して、対策も理解も遅れています。

小学校や中学校の時、朝の集会で貧血で倒れてしまった人を見たことはありますか?

結構ベタな思い出ですよね。

でも、それは日本だけの光景になっているかもしれません。

 

日本が異常であるポイントが3つあります。

①貧血の人の多さ

②対策は皆無

③検査すらしない

それぞれについてご紹介します。

 

①貧血の人の多さ

 

WHO(世界保健機構)の発表によると、全世界の発表の人口のうち、約20億人が貧血とみなされています。

2017年11月20日時点で世界人口は約74億人なので、世界での貧血の割合は27%です。

世界的にみると、約10人に3人は貧血の状態です。

 

では、日本はどのようになっているでしょうか?

2011年のWHO(世界保健機関)の調査結果をもとに順位づけされている資料で作成したランキング抜粋です。

参考:世界ランキング 国際統計格付けセンター、世界・妊婦の貧血率ランキング(http://top10.sakura.ne.jp/IBRD-SH-PRG-ANEM.html)

 

貧血の人が多いと、ランキングの順位が上がります。(ここでは妊婦の貧血限定ですが。)

世界の主要国と比べてみると、日本はかなり順位が高いです。

それだけ世界的にみても貧血の人が多いと言えます。

妊婦になる前から隠れ貧血であれば、貧血になって当然なので、対策しないといけないですよね。

 

しかし、、

 

②対策は皆無

 

海外の人たちは、日本と比べて積極的に鉄分を摂取しています。対策がすでにたくさん行われていて、研究が進んでいます。

世界各国では、鉄欠乏を改善するために、様々な対策がとられている。例えば、中国・ベトナム・タイでは、鉄を添加した醤油を学校給食に積極的に使用することが推奨されている。また、米国などでは、小麦粉・とうもろこし粉・砂糖・食塩・シリアルなどに、鉄を添加している。米国でよく摂取されているシリアルには、一食分(30 g)あたり1.4 mgの鉄が含まれている。
引用:https://www.huffingtonpost.jp/kana-yamamoto/anemia-japan_b_5312215.html

 

アメリカは、隠れ貧血やフェリチンに関して進んでいる国の一つです。

さまざまな食事にわざと鉄分を多く入れています。

このように積極的に鉄分を摂取する事で、アメリカでは対策されています。

他にも世界各国では、いろんな食品に鉄分を取り入れて、貧血予防に励んでいます。

 

日本では、ヨーグルトや牛乳なんかに入っていますが、意味がないと科学的に証明されています。

そのことについて詳しく書いた記事はこちら!

 

日本では、全くと言っていいほど対策もないですし、医師すら理解していない人が多いという状況です。

一般の方が知るわけがありませんよね。

 

なおかつ、、

 

③検査すらしない

 

アメリカでは、健康診断にも隠れ貧血かどうか調べるための「フェリチン」も検査項目に含まれています。

日本では、健康診断で隠れ貧血を検査することはないですし、クリニックや病院でも積極的には行われません。

 

私自身も、ウザがられるくらい医師にお願いして「フェリチン」という検査項目を増やしてもらいます。

そうでもしないと自分が隠れ貧血なのかを知ることができない現状なんです!

 

「日本の女性10人に1人が「鉄欠乏性貧血」を発症。月経のある女性およそ2人に1人が鉄欠乏状態である。」

しかし、日本の医師でさえこのことを知る人は少ないです。

もちろん、多くの人が知らないです。

対策もされていないし、検査さえしないです。

 

逆にすごくないですか?

こんなに患者がいるとされているのに、身体に悪影響で危険だと世界で騒がれているのに、なんでもないかのようです。