【日本めぐり】石川・岐阜編〜車と海と日本と絶景〜

2018年12月21日

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket


出典:たむ作成

 

最近自宅でカタカタしている時間が多いので、旅行のことを書こうと思い立って書きます!

今回は、『石川・岐阜編(ほぼ石川県)』をお送りします♪

 

北陸新幹線は平成27年に金沢まで開通したんで、その頃は「金沢行かないとっ!」となりましたよね!

その勢いに乗っかるだけ乗っかったのに、残念ながら新幹線ではなく、車で600キロ以上。

片道6時間くらいかけて行きました。(苦笑)

 

そんな車で長距離ドライブして行った石川と岐阜メインの旅でしたが、すごく綺麗で絶景も多いところだったので、ご紹介したいと思います。

そのことを伝えるために、

①海を走る

②日本は夜により感じられる

③田んぼで絶景

④リアルとタイムスリップ

⑤私的チェックポイント

5つに分けてご紹介していきます♪

 

もっとメジャーなところも行ったし、写真も撮ったのですが、

パンフレットやネットに溢れているので、少しマイナー風のものを選んでみました。

ほぼほぼ加工もいらないくらいそのままの写真で綺麗だったのでそのまま載せています♪

 

【日本めぐる旅行記録】函館編はこちら!

 

 

①海を走る


出典:たむ

 

「海にドライブに行こう♪」

そう言われたら、海沿いの道路をドライブしに行くんだと思いますよね?

ここは違います。

本当に海をドライブできるんです!

 

まずご紹介するのは、『千里浜なぎさドライブウェイ』です!

ここは、私が今までいろんな都道府県を訪れた中でもお気に入りの場所です♪

 

海の目の前をドライブしたり、車を止めて物想いに老けたり、海遊びしたり。

車を止めて目の前の景色が写真のようになるんですが、このフロントの光景は日本ではここだけです!

全長8キロメートルの立派な国道なんですが、

日本で唯一、波打ち際を普通車で走ることのできる砂浜の道路なんです!

 

いやぁ。キレイでした〜

 


出典:たむ

 

運転してみるとこんな感じになります!

ちゃんと交通標識もあるし、法定速度もあるので、注意してくださいね。

開放感がありすぎて、「ひゃっほーい♪」となってしまうのでw

 

波打ち際は車を停車できるようになっていて、海の目の前まで車を持っていくことができます。

これが8キロメートル続いているので、『日本じゃないみたい…』という独り言が自動的に作動しますよ!

写真には納まりきらないくらいの光景ですよ!

 


出典:たむ

 

以前旅行に行った時は、晴れ女効果が炸裂してすごくいい天気だったので、

インスタ映えにもなるし、写真がとてもよく取れるスポット化してました!

いろんなパターンで撮っていたんですが、最終的には車を2人で真剣に撮っていた思い出ですw

 

千里浜なぎさドライブウェイまでは、金沢からは結構遠い上に、電車もないので、

バスかレンタカー、自家用車で来ることになるんだと思われます!

 

高速道路を走っていると急に現れるので、運転してて「えっ?」「はいっ?」と何度かはなります。

高速道路を降りるのも、またがっていたりして、どっち端から行くか決めないと大変です。(今浜IC or千里浜IC)

そんだけ長いってことです。

 

②日本は夜により感じられる


出典:たむ

 

『兼六園』と『金沢城』は同じ敷地にあります。

同じ敷地というか、目の前というか。坂の上に2つあります。

坂は結構急です。

 

兼六園は、日本三名園」と言われて通常ももちろん美しいのですが、

期間限定でライトアップされる期間があります!

これがおススメです♪

 

朝も行ったのですが、やっぱり夜の雰囲気が良いと思うんです!

駐車場から兼六園の入り口までの坂道や、中もライトが連なっていて、

ジブリの世界に入ったみたいな、異世界に入ったような感覚になります。

お祭りとは違う静かな感じで灯っている感じだからかな?

 

もちろん庭園もキレイなんですが、

灯された雰囲気がよかったんですよね。

 


出典:たむ

 

『金沢城』も期間中はライトアップされます。

大阪城とか首里城とか会津若松城とか弘前城とか。

なんだか気がついたら結構お城行ってるんですが

1番石垣がかっこよかったんです!

 

ライトアップされてる感じと満月もよかったんですが、

石垣の美しさが異常だったのが、すごく印象に残っています。

 

ただ、金沢駅から車で行くとそこまでの道が城下町なこともあって狭くて、

石畳みなこともあって少し怖かったです。

駐車場は目の前にこれでもか!ってありましたw

閉園時間も気にして行った方が良くて、「もっと早く行った方が良かったなぁ〜。」と反省点もあります。

 

通常開園は、7:00~18:00(3月~10/15)、8:00~17:00(10/16~2月)

夜間開演でも21時までです。

 

じゃらん特集一覧

 

③田んぼで絶景


出典:たむ

 

石川県の日本海にニョキッと生えている、能登半島を走っている途中に千枚田』があります。

棚田がこれでもかと1004つあります。

これがまた絶景であります!

 

私も山っ子なので、田んぼは見慣れている人なんですが、

なんだか、圧倒されてしまうんです。田んぼに。

水田が広がっているのとはまた違って、結構な急斜面にギュッと詰まっている感じが、マンパワーを感じるんです。(本当どうやって作ったんだろうか?)

 

下に降りると海になっていて、近くまで行くこともできます。

ただ、この上り下りで、体力はけっこう消耗しますw

でもタンポポで遊んだり、おたまじゃくしで遊んだり、有名人の看板が建てられている田んぼを発見したり、(現在は寄付によって田んぼを維持して今でもお米作っています。)そんな風に遊んだのが楽しかったです♪

 

見終わってからのソフトクリームがうまいのでしょう。

きっちりお店もありますw

 

ここも車でないと行くのは難しいんですが、すごくキレイなところですよ♪

ずっとシーサイドドライブになりますし。

ヒールでいったら、泥んこに埋もれるかもしれないです。坂も急だし。

 

④リアルとタイムスリップ


出典:たむ

 

石川県を抜けて山々を永遠に越えて、岐阜県に入ったころに川郷・五箇山の合掌造り集落』が現れます。

からぶき屋根の家がいっぱいあって、歴史村のような雰囲気に見えるんですが、

なんと普通に生活されているお家なんですよ!

見学専用や売店になっているところもあるけれど。

 

出典:たむ

 

住人からすれば、「自分の家が観光スポットになったんだけど!」という感じなのかな?

それがなんだか不思議な感じでした。

そんだけリアリティを感じられるのもいいところなんですけどね〜

江戸時代くらいにタイムスリップしたみたいな感覚でした!

 

ここで食べた五平餅がまた良い感じでして…

味噌の香りがいっぱいするから耐えられなかったw

ずるいなぁ。

思い出したらお腹空いてきましたw

 

⑤私的チェックポイント


出典:たむ

 

私なりにこれも見てほしいチェックポイントがあります。

 

まずは、金沢駅周辺の信号機です!

わかりますかね?

右にちょこんっと傾いているんです。

 

最初見たときビックリして、信号機の写真を撮ったんですが、

結構いろんな所に存在しているんで、

歩いているうちに、私の首がちょこんっと曲がって、そのまま歩いていましたw

どうしてちょこんっと傾いているのかはわからないんですが、

金沢駅周辺のみで見られた光景でした!

 


出典:たむ

 

次は、金沢といえば

金沢駅の中にあるソフトクリーム屋さんには、上に金箔をのっけてくれるお店があります。

ちょっとお値段は張るけど、テンションはすごくあがりますよね♪

 

『ゴーゴーカレー』発祥の地ということで、お店もいっぱいありました。

やっぱり、いっぱい食べてしまいましたぁ。

 


出典:たむ

 

最後は、能登半島をドライブしている途中でたまたま見つけたこいのぼりのお祭りです。

お祭りの名前も場所も分からなくなってしまったんですが、

地元のお祭りらしくて、ドライブ途中に急遽立ち寄りました。

なんだかすごくいい景色だったので、つい立ち寄ってしまったんですよね♪

 

青空をこんなにこいのぼりが泳いでるの見たことがなくって。

この風景が今でも鮮明に残っています。

地元のお祭りらしいんですけどねw

 

まとめ

 

ここまで、石川・岐阜編の日本めぐり記録を書いてきました。

この旅行では、とにかく綺麗なもの、絶景が多かったイメージです!

自然を身近に感じるのもこの旅ならではだったかもしれません。

 

石川県まで行くには、山々に囲まれている県なので、高速道路を運転していてもトンネルに入ることが多くて大変だったのですが、

山を抜けるとまぁ感動すると思われます!

そのくらいキレイです!

 

ただ、私の場合は2人でトータル約1200キロメートルの運転をしたわけです。

12時間以上運転していたわけです。

私とたむおさんの間では、この旅行を「本州半周の旅」として武勇伝になっています。

 

職場の同僚にはお土産を渡すと「えー車で行ったの!!」という返事をもらい、

友人には「えっそれはキモい!」とキモがられましたw

とてもいい思い出です♪

ぜひ新幹線とレンタカーでいってください!(切実w)

 

H.I.S.