【ダイエットフォロー】健康診断結果→→突きつけられた現実(あちゃー)

2019年1月18日

Pocket


出典:https://pixabay.com/ja/

 

先日、たむおさんの健康診断の結果が来ました。(たしか前回要観察だったからこの時期に再度したのかな?)

たむおさんは、2年かけてすごく体重が増えてしまいました。

私も隠れ貧血で体調を壊して、ごはんをたくさん作ってあげられませんでした。

 

健康診断の封筒の中身は、私的には結構ショックだったんです。

反省して昨日2人で5キロ走ってみましたw

私は、ヘトヘトで筋肉痛ロボットになってしまいましたが、ダイエットフォローのためです!

 

そこでここでは、

健康診断で突きつけられた現実

何が問題なのか?

2つについて書いていきます!

今後どうしようかという考察もしてみていますので、最後まで読んで頂けると嬉しいです!

 

ダイエットフォローを始めたきっかけはこちら!



 

健康診断で突きつけられた現実


出典:https://pixabay.com/ja/

 

他人の健康診断をみてショックを受けるというのは、私は初めての経験です。

結果を見ていると、『あぁ。私がサボったからだぁ。。』と思えて、罪悪感でいっぱいになってしまいました。

 

たむおさんは、仕事が忙しい人です。好きでやってるからいいんですが。(ブラックではない)

生活が不規則で、酷使されていることも多いご様子。

私なんかと比べられない社会的地位もっていらっしゃるんですが、私のことを平等に扱うところがとても特殊だと思っています。(私は不思議でならない)

 

結論から言うと、「軽度の肥満」と、「中性脂肪」「尿酸値」「血糖値が少々高い」。

いわゆる、20代なのに50代の血液なんですねw(あちゃー)

このままでは、将来糖尿病になってしまいます!!!

マズいです…

 

たむおさんは、医療の知識はないに等しいので、健康診断の結果を持って私に聞いてきてくれます。

「なんか異常があるんだけど、どうしたらいいの?食うなってこと?」

「白血球下がってるんだけど、去年より悪くなったってこと?」

 

そう聞かれて私は、こう答えました。

「いやいや、この結果は、すい臓がヘトヘトになってるって言ってるよ。少し身体に優しくしてあげてって言ってるんだよ。ごはん作ってあげるから、ちゃんと食べるもの食べて運動しようね。白血球はなんともないよ。少しくらい下がってもいいもんなの。」

たしかに、私が検査結果をパッと見て思うことと、一般の方が思うことって違うのかなと思って。。

 

私は子供の頃から病院に親しんだので、検査結果のことを子供の頃からなんだか知っていたし、看護師の資格もあるんで、普通のことと感じてしまっていたのですが、私の方が特殊ってことだ!

それからは、『じゃあ、どういう風にしたら、分かりやすく伝えられるだろう?』という考えに変わっていきました。

 

なにが問題なのだ?


出典:https://pixabay.com/ja/

 

医療職の方であれば、健康診断の結果を勉強します。

CRPとか、GOTとか言われたら、「免疫のやつ!」「肝臓のやつ!」という考えが浮かびます。

今回のたむおさんの場合、軽度肥満と、中性脂肪、尿酸値、血糖値が少々高いと言うことで、私の頭の中はこうでした。

 

・糖分を処理しきれてないじゃん。

・糖分処理するためのインスリンが上手く出てないじゃん。

・インスリン出るところはすい臓じゃん。

・すい臓が弱ってるんだ。

・ストレスと、暴飲暴食、食生活が問題だ。。あちゃー

 

違うところもあるかもしれないんですが、私はこのように考えてたむおさんに伝えました。

 

看護師の勉強をすると、検査結果だけじゃなく、一緒に病気名や症状、改善策までを、全体的につなげて考えることが出来ます。

「関連図」というものを死ぬほど書かされた看護大学時代を思い出して、複数の症状から1つの病気を絞るみたいな訓練の復習している感じでした♪

 

すい臓は、身体にとって、とても重要な臓器です。

看護実習の時に出会った膵臓癌の末期の方を思い出すんですが、ごはんを食べる上で、とても重要な働きをしているんです。(血糖値コントロールなど)

たむおさんの健康診断結果が悪かった原因は、生活習慣の乱れにあるんです。(軽度なんで)

 

・ストレスや疲労

・暴飲暴食(早食い)

・食事の偏り

・食事のリズムの乱れ(朝食抜き、深夜の夜ご飯)

・運動不足       などなど。

 

さらに詳しく見たい方は、参考にしたものを載せますので、どうぞ。

参考:すい臓ー中外製薬(https://www.chugai-pharm.co.jp/ptn/medicine/karada/karada015.html
膵臓が弱っている方にー 渋谷ヒラハタクリニック( http://www.hirahata-clinic.or.jp/menu01/post_21.html

 

出典:玉先生 解剖生理学「肝臓胆嚢膵臓」

 

たむおさんにすべて当てはまってしまうので、なんとかできないものかと。

今まで私が身体を壊したばっかりに、無理をさせてしまっていたと思って、健康診断の結果を見てすぐに、私はたむおさんに謝りました。

自分がいながら申し訳なくて、再度一緒に頑張ろうということになりました!

 

『なんで?』とびっくりしていましたがw

詳しく伝えると、お互い反省し始めたので、衝動的に2人でランニングに行きました。

正直今の私の身体的にはムリをしてしまいましたw

でも、このことがきっかけとなって、今後さらに本気出して頑張ろうとなりました!

 

今できていることは継続しつつ、今後さらにすい臓に優しくできるように考えたりしていきたいと思います!

楽しく面白くできるようにしたいですっ♪