同棲のウラ事情|部屋の広さと間取りのベストは?

Pocket

出典:https://pixabay.com/ja/

 

『もし、今の彼氏or彼女と一緒に住むなら、どんな家に住みますか?』

リビングが広いお家? オープンキッチンのあるお家? お互いの部屋があるお家?

 

女子なら誰しも想像したことがあるのではないでしょうか?

私は、現在たむおさんという人と同棲生活が2年経とうとしています。

最初、部屋の間取りや家賃のことをいろいろ話し合いして、決めた家に住んでますが、今でも平和に過ごしています♪

ここでは、そんな私自身の体験を入れ込みながら、同棲に良い部屋を考えてみます!

 

このことを伝えるために、

部屋はどのくらいの広さがベストなのか?

カップルで平和に過ごすためのルール

2つについて書いていきます。

私とたむおさんは、ちょっとヘンテコなので参考になるか不安ですが、客観的な視点もいれて共感してもらえるように頑張ります!

 

同棲のいいところについて書いた記事はこちら。

 

部屋はどのくらいの広さがベストなのか?

出典:https://pixabay.com/ja/

 

2人で住む部屋を考える上で、「間取り」の問題に出くわしますよね。

お金のことや職場からの近さとか、いろいろ考えさせられます。

私は悩んだ瞬間に、先取で同棲している友達に住んでいる間取りを聞きました。

他のカップルはどんな家に住んでいるのでしょう?

 

同棲で人気の間取りとは?

全体的に、1LDKが人気の間取りです。
20~24歳は、1LDKと同じくらいワンルームも人気の間取りなようです。
金銭的に余裕が出る30歳以上~は、1人部屋を作れる2DKの間取りも人気でした。
参考:Rooch、同棲の間取り|おすすめのお部屋をカップルタイプ別に大公開【二人暮らし】、2019年1月16日(https://blog.ieagent.jp/dousei/douseimadori-10315#chapter-5)

 

これは、同棲しているカップル100人にアンケートを取った結果だそうです。

間取りには、いろいろタイプがありますが、圧倒的に「1LDK」が多いという結果でした。

 

間取りの種類ってややこしいので、勝手な偏見で表にしてみました!

 

2人ともケンカなく仲良しなカップルは、部屋が少なくてもいいのでしょう。

家賃も抑えられるし、その分違うところに回せるし、2人の会話は確実に増えるし。

でも、毎日仲良しでもいられないので、ケンカした時の対応がカギですよね。

 

仕事が忙しいとか生活リズムが違うなら、部屋数を増やすべきなのでしょう。

相手の寝る時間を害することなく、自分のリズムを維持できるし、1人の時間も確保できます。

仕事部屋も作れたりするかもしれないですよね。

部屋が広い分、掃除が大変そうで、2人の会話がどうなるのかは気になるけれど。

 

その間くらいの「1LDK」が人気なのも、分かる気がしますよねw

その後別れたかどうかも、データとしてほしいところですが…

 

いろいろありますが、家賃の問題もあるし、結局はそれぞれの「性格」とか「相性」とか「関係性」だと思うので、ここで私と周りの様子をご報告します。

 

私の場合

私が今住んでいる家は、1LDK寄りの「1DK」です。

家の「DK」の部分が12帖だったはずです。

記載がおかしい気がしていて、パッと見は「1LDK」です。

たしかに、ちょうどいい距離感が保てる広さだと私は思っていますw

 

でも、ちょっと広すぎな感じもしていて、掃除機をかけるのが大変なので、(コードを2回指し直さないと回り切れない。)

個人的には、引っ越すなら小さめの「1DK」でもいいと思っています。(30平米くらい?)

 

私が住んでいる部屋の両サイドも、同じく若いカップルが同棲生活を送られています。

独身寮と比較するなら、同棲寮みたいなアパートですw

今のところ、別れた風のカップルもいない様子なので、程よいお家なのだと思っています。

(たまにケンカの様子を耳にしてびっくりしてますがw)

 

まぁ、でも結局はそれぞれのカップルの都合に合うように選択すべきところですが、

「狭い部屋でも使い方によるのではないか?」

と思う節がありますので、次に書いていきます。

 

カップルで平和に過ごすためのルール

出典:https://pixabay.com/ja/

 

私は、たむおさんと一緒に住むことになった時、2人で合致した意見が、

「1人の時間をどう確保するか?」

お互い、1人の時間が確保できなくなることが、問題であると思っていました。

 

『だったら「2LDK」に住めばいいじゃないか?』と思われると思います。

 

でも、もう1つ心配なところも一緒でした。

『それぞれ自分の部屋があったら、2人で住んでいる意味なくないか?』

 

それぞれの部屋があれば、その部屋にいれば、顔を合わせずに1日過ごすこともできます。

つまり、会話がへったりとか、仲が悪くなるとか、他人行儀になるというか。

『そうなってしまうんじゃないか?』というのを心配して、選択肢から外しました。

広ければいいってもんでもないですよね。

 

なので、その分、使い方のルールを決めたんです。

・1人になりたいときは、リビングから寝室に移動。

・片方が集中しているときは、そっとしてあげる。

 

たったこれだけではありますが、見ようによっては「1LDK」も2部屋ある訳なので、ルールがあれば平和に過ごせるかと思います。

私も相手の1人の時間確保を気にして取り組むようにしています。

また、ルールを決めておくと、何気なく寝室に移動していたら、

『これは、1人で過ごしたいサインだ。』と気付けるので、変に気を使わなくて済むのがいいと思っています。

 

まとめ

 

ここまで、同棲する時の部屋の間取りと広さのベストについて書いてきました!

同棲するカップルに人気の間取りは、「1LDK」でしたが、結局はそれぞれのカップルで決めることなので、相談によるかと思います。

また、部屋の使い方のルールを簡単にでも決めておくと、後々楽であると思います!

 

私は、広めの「1DK」ですが、使い方を工夫すれば、狭めの「1DK」で良いと思っています。

掃除も楽だし、家賃高いのももったいないし、旅行にお金を回したいし。

なにを優先するかは、それぞれの考えによるのでしょう。

 

最後に、我が家の設置具合を簡単に書きましたので、参考にどうぞ。(ヘタクソなので、ご了承ください。)

個人的には、ベッドをシングル×2にしたことは、かなり正解であると思います!

同じタイプのシングル×2だと、離したりくっつけたり自由なので、便利です♪

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました!